カウンター
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
にほんブログ村
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


模様替え4 モニターアーム

モニターアームを新調しました。
今まではこのメタルラックに固定するタイプのアームを使用していました。
31p5UqyDzBL.jpg 

しっかり固定できてよかったのですが、これもメタルラックがないと設置できないので、新たにモニターアームを新調しました。
いろいろ考えた結果、これにしました。
31CNJYZmxEL.jpg 

これはエルゴトロンのOEMで、エルゴトロンのシングルアームと構造はほぼ同じ。
大きな違いは色がエルゴトロンが全体的に銀色でメタリックな印象といった感じですが、hpのは全体に黒く塗装されています。
細々した違いは保証期間やロゴ、値段はHPの方がエルゴトロンより少しお安めといったところ。
机の色も暗めだし、黒い方が合うかなぁと思いこれにしました。
Amazonだと13580円(2016/06/06現在)ですが、楽天で探せば11000円くらいであると思います。

それでは開封の儀です。
DSC_0943.jpg

DSC_0945.jpg 
1段目2段目と別れてしっかり発泡スチロールで梱包されています。

大きい部品は3つ、その他取説やネジ等が入っています。
DSC_0946.jpg 
それでは机に取り付けて行きます。
机の中身がスカスカなのでここを締めるのが少し怖い。
DSC_0951.jpg 
ここにhpのロゴ。
台座が結構大きめDSC_0953.jpg 
アームを一つ付けます。
DSC_0955.jpg 
はい、完成。
DSC_0958.jpg 
スッと入るのに遊びがほとんど無いすごい精度です。

ディスプレイをつけたところはこんな感じです。
DSC_0989.jpg 
やっぱりまぁまぁの値段がするだけあって、すごくよく出来ています。
高さも自由に変えられるし動きがなめらかです。
固定して使うなら安物でいいかもしれませんが、動かすことがあるのであればエルゴトロン製はとても素晴らしいです。

とりあえず、模様替えはこんなところです。
まだ買い足したものもあるのですが、それは追々紹介していきます。

それではノシノシ




↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


模様替え3 ケーブルとか

今回はケーブルを綺麗にまとめていきたいと思いますよ。
ちなみに現状はこんな感じ
DSC_0767.jpg 
ダラダラってしてますね。
PC1台にディスプレイ1台でこれだと今後さらにひどくなると思うので今のうちに手を打っていきます。

というわけで、まず机に穴を空けていきたいと思います。
DSC_0800.jpg 
ゴリゴリ
5000円の机だと思うと心置きなく穴とか空けられますね。

DSC_0802.jpg 
はい、空きました。
IKEAのLINNMONってこういう構造になってるんですね。
どうりで軽いわけだ。

そしてケーブル孔キャップを取り付けます。
DSC_0803.jpg 
ケーブルを通します。
DSC_0805.jpg 
蓋をします。
DSC_0807.jpg 
ケーブルが一つにまとまるだけでかなり印象が変わりますね。

次に机の下です。
DSC_0809.jpg 
ケーブルがまとまったので少しはマシになってきましたけど、やっぱり電源周りが気になります。
そこでこんなものを取り付けます。
DSC_0811.jpg 
取付部分アップ
DSC_0813.jpg 
かごの部分アップDSC_0814.jpg 
デカい、そしてしっかりしています。
これを机に取り付けていきます。
DSC_0816.jpg 
かなり頑丈です。
ここに電源タップを乗せてケーブルをまとめていきます。
DSC_0817.jpg 
かなりいい感じです。
すごくしっかりしていてかなりいいです。
これでPCや周辺機器が増えても大丈夫そうです。

今回はケーブルをまとめる回でした。

次はディスプレイ周りをやっていきたいと思います。
それではノシノシ


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


模様替え2 ヘッドホンスタンド

デスクを新調していろいろ旧システムから移植しているんですが、旧システムがメタルラックで組んでいて、結構メタルラックありきな部分も多くそのまま移植がなかなかいきませんね。
それにせっかくならかっちょよくて使いやすいデスクにしていきたいですしね。

さて、今回は地味ですがヘッドホンスタンドです。
ヘッドホンスタンド、ヘッドホンハンガー、少しニュアンスが違いますが、この記事では統一して、ヘッドホンスタンドと書かせて頂きます。
ヘッドホンは机に置くと場所を取るし、イヤーパッドが擦れて痛むしで個人的には大事なアイテムです。
今まではメタルラックのポールにフックを付けて、そこにヘッドホンをかけていました。

DSC_0775.jpg DSC_0793.jpg

こんな感じでした。
新しいデスクではポールが無いのでこれは使えません。

そこで机に固定するタイプのヘッドホンスタンドを探しました。
ちなみに会社ではこれを使っています。
71owq8ouy8L_SL1500_.jpg 
audio-technica ヘッドホンハンガー AT-HPH300

会社で使っていて特に問題もないし、あとこれは使わない時にフックの部分を回転させて机の下に入れられて便利なので、これにしようかと思っていました。
ただ、家で使っているヘッドホンの構造がこんな感じになっていまして、
DSC_0770.jpg 
ヘッドホンを頭のバンドの部分で支える様にできています。
なのでヘッドホンを掛ける時は上のフレームの部分に掛けないとバンドがへったってしまう可能性があり、そうするとさっきのオーディオテクニカのヘッドホンスタンドだとフックの返しが大きくて掛けにくい可能性があったのでやめました。

そこで今回はこれにしました。
71igO0GxLzL_SL1500_.jpg 
Brainwavz Hengja ブラック ヘッドホンハンガー

Brainwavzがなんの会社かちょっとわかりませんが、ヘッドホンやイヤホン、その他アクセサリーを作っている会社みたいですね。
フック部分が薄くてかっこよさそうなのでこれにしました。

届いたものがこちら
DSC_0780.jpg

中身は本体、レンチとマイナスドライバーが一体になったもの DSC_0782.jpg 

結構重量感があって質感はかなりいいです。DSC_0784.jpg 
早速取り付けました。
DSC_0788.jpg 
悪くないんじゃないですか?
これの難点を上げるとしたら挟める最大の厚さが40mmと若干狭いところくらい。
まぁ普通のデスクにだったら問題ないと思います。

DSC_0790.jpg

掛けた感じもかっこいい。

いい買い物が出来たと思います。

まだまだ、模様替えは続きます。
ノシノシ

 


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


模様替え1 デスク編

ゴールデンウィークに模様替え、主にデスク周りを一新したいと思います。
ちなみに今までのデスク周りはこんな感じ。

DSC_0746.jpg 

メタルラックにPCを突っ込んでいました。
これはこれでコンパクトで良かったのですが、いかんせん狭くなってきました。
あと机の下に脚を入れられないのは短時間ならいいのですが、長時間の作業では結構しんどいです。

なので広いデスクに変えていきたいと思います。

ただデスクと言ってもたくさんあっていろんなデスクをみました。
楽天、Amazonその他で、、、
で、これに決めました。


イケアのなんのへんてつもないデスクです。
しかもお値段が5000円!
でもなんの変哲もないデスクって意外と少ない。
PCデスクやオフィスデスクで探すと強度を出すために真ん中にが入っていたりとか脚にクロスに補強用の棒が付いていたりとただの天板と脚ってデスクは少ないのです。

そして早速買ってきました。

DSC_0748.jpg

イケアは皆さん知ってると思いますが、部品ごとにバラバラです。
更に説明書が割りと不親切。
まぁただのデスクなので脚を付ければ終わりです。

DSC_0750.jpg 
下穴は開けてくれています。
そこに脚を固定するための鉄板?を取り付けます。

DSC_0751.jpg 
そこに脚を取り付けます。

DSC_0754.jpg 
そして、ひっくり返して、
DSC_0755.jpg 
緩衝材を取り払えば出来あがり!
DSC_0756.jpg

机広い!!
流石に安いだけあって軽くて、不安定な感じもしますが、質感もまずまずです。
とりあえず最小限のPCを設置しました。

DSC_0761.jpg

机以外がごちゃごちゃですが、それは見ないようお願いします。
そして、やっぱ広いのはいいことですね。

まだまだ不満点もあるので改善していきたいと思います。

それでは今回はこれにてノシノシ





↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


モンハンハードウェアチート

この記事はゲームのチートについて書いています。
チート行為を許容できない方は読まないで下さい。
また、真似をして不利益なことが起きても責任は取りかねます。


と、過激なことを書きましたが基盤も出てこなければ改造もしないので、過度な期待はしないで下さい。


さて本題
自分はモンハンをやるんですが、そんなにはやりません。
働いてて時間無いですし
そうするとうまくならないのはもちろんのこと地図が覚えられません。
上位になると地図もなしにランダムでフィールドに放り出されるので、困ってしまいます。
よく来るフィールドならまだしもあまり来ないフィールドだとベースキャンプがどっちにあるのかすらわかりません。
まぁプロハンの方からすれば何言ってんだって話ですが。

そこで思いつきました。
透明なフィルムに地図を印刷して画面に貼れば地図なくても行けるんじゃね?

やってみました。


まず、透明なフィルムを用意します。
私は「エーワン A-one 27077 [インクジェット用OHPフィルム A4判 ノーカット]」を使いました。
OHPフィルム
お値段は10枚入1,110(税込)(記事掲載時)
1枚約100円。
まぁまぁします。

余談ですが、OHPってまだあるんですね(笑)
自分は20年くらい前に小学校で見て以来、見たことありません。
プロジェクターが出来て絶滅したものだとばかり思っていました。
しかもインクジェットにも対応してるなんて


そして、DSの画面を計りながら地図のデータを作っていきます。
モンハン マップ カラー

そして、これを印刷します。
DSC_0634.jpg

DSC_0635.jpg

あとは切ってDSの画面に乗せます!
DSC_0655.jpg

……
………
なんか思ってたのと違う・・・
薄くて全然見えない。
空の所がかろうじて見えるけど下の方はまるっきり見えない。
色は厳しいみたいです。

なら塗りつぶそう!
DSC_0645.jpg

DSに乗せてみます。
DSC_0652.jpg

視認性はいいけど自機が見えない。

じゃあ輪郭以外を消してみました。
DSC_0649.jpg


乗せます。
DSC_0651.jpg

おお(・∀・)イイ!!
視認性もバッチリ!
自機も見える
位置もドンピシャ!

これ特許取ってくる!
まぁ課題はいろいろありますが、フィルム自体はなかなかいいんじゃないでしょうか。
課題はフィルムの固定方法ですね。
今は洗濯バサミで固定しているので、なにかうまい方法を考えないと


あと制作に当たってのポイントです。
まずはインクは染料タイプを使いましょう。
顔料タイプだと指で触っただけで落ちてしまいます。
〈追記〉顔料タイプは乾くのに時間がかかるだけで乾けば問題ありません。
印刷設定は普通紙を選択します。
OHP用の設定があるプリンターがありますが、これだと薄く印刷されてしまいます。


それでは自己責任の範囲で楽しんで下さいねノシノシ






↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。