カウンター
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
にほんブログ村
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


【自作Retinaディスプレイ】リンゴマークに穴を空けました。


前回、前々回の記事でリンゴマークを光らせるための光源を確保出来そうだと言うことがわかりました。
過去の記事「【自作Retinaディスプレイ】リンゴマークを光らせたい1」
過去の記事「【自作Retinaディスプレイ】リンゴマークを光らせたい2」

なので、ケースの方を加工していきたいと思います。
まずはリンゴマークのところに穴を開けていきたいと思います。
IMG_1701.jpg

元々ここには黒いリンゴの形のパーツが埋まっていて、少し凹んでいます。
この凹みを切り取っていきます。

まず凹みに沿って穴を空けます。
IMG_1703.jpg

そして、この穴をニッパーで繋げて切り落とします。
IMG_1705.jpg

あとはここを綺麗にヤスリます。
IMG_1707.jpg

今回は短いですが、ここまで
ではノシノシ



↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


【自作Retinaディスプレイ】リンゴマークを光らせたい2


さて、前回の記事の続きです。
リンゴマークを光らせる最後の問題は電源です。

このディスプレイの基板はUSBから電源を取っているので5V電源は容易に確保することが出来ます。
(USBのバスパワーは5Vなので)
でもせっかくなのでスイッチに連動するようにしたいですよね。
ってことで基板にテスターを付けまくってスイッチに連動して電圧の変わる場所を探しました。
そして見つけました。

IMG_1197-2_2.jpg

赤マルのところから電源ONの時は20V、OFFの時は5V程度の電源を取ることが出来そうです。

早速配線してみました。
IMG_1687.jpg

写真撮り忘れましたが光りました。
光りましたが、めちゃくちゃ明るいです。
目が痛いほどに、、、
まぁ当然です。この時付けたLEDは12V用なのですから、
明るいのは当然です。

しかし、問題が発生しました。
なんとOFFでもLEDが光ってしまいました。

IMG_1690.jpg

そこで手元にある抵抗を配線してONで点灯し、OFFでちゃんと消える様にしました。

IMG_1693.jpg
IMG_1692.jpg

机がごちゃごちゃしてますが、OFFで消えてますね。
見切れちゃってますがこの抵抗は8.2kΩでした。

さて最後にこんなところにLED付けてちゃんと画面が付くのか確認します。

IMG_1696.jpg

付きました!

と、言うわけで、リンゴマーク光らせられそうですね。

それでは今日はここまでノシノシ



↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


【自作Retinaディスプレイ】リンゴマークを光らせたい1


久々の自作Retinaディスプレイの記事です。

なんで間が開いたかというと、仕事が忙しかったのもありますが、
この自作ディスプレイでちょっとやりたいことが増えてしまいまして、
それがやれそうか検証したり下準備したりしてました。

とりあえず何がしたくなったかというと、リンゴマークを光らせたくなりました。
IMG_15572.jpg

赤丸の部分です。

この前、電車に乗っていたら、MacBook Airを膝に乗せている人がいたんですよ。
そうしたらリンゴのマークが光ってるじゃないですか。
光ることは知っていましたし、光っているところも見たことあるのですが、なんかやれないかな?
と思いました。

外装に穴を開けて透明なものをはめ込むことはそんなに難しく無いと思います。
やっぱり問題はどうやって光らせるか?ということだと思います。

問題を更に分類します。
まず一つ目は光源です。
本家MacBook Airはディスプレイのバックライトの光を一部裏側にも抜けるようにしているようです。
ですが、iPad用のRetinaディスプレイはそのような加工はしていなく、また加工も難しいと判断しました。
Retinaディスプレイ自体の分解は分解を専門にしている人でも失敗するレベルらしいからです。
iFixitがMacBook ProのRetinaディスプレイ部分を分解!しかも壊した!

代替の方法を考えます。
一番綺麗に光らせる方法としてはELシートなるものを考えました。
ELシートは面で発光し、値段も小さなサイズならそんなにしません。
名刺サイズで800円ほど。
カット出来るELシート名刺サイズ
ただ、ELシートは光らせるためにインバータが必要なようでそれを埋め込む余地はちょっとありません。

最終的にはLEDしかなさそうかなという結論に至りました。

さて、光源は決まりましたが、LEDにしたことでの問題もあります。
それはLEDは点発光なのでそのまま外に向けると見た目が微妙そうってことです。
うまく拡散させないとカッコ悪いですよね。
そこで、LEDのテープを写真の様に貼り付けて、光をディスプレイの裏に反射させれば均一に光らせることが出来るのではないかと考えました。
IMG_16992.jpg

追記:横から見た断面図
LED配置図

隙間がギリギリなので、少し掘り下げないといけないかもしれません。
ちょっとこれはやってみないとわからないので光らせてから考えるとします。

さて最後は電源の問題です。

この話はまた次回にします。
今回は字ばっかりですいません。

ではノシノシ



↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


【自作Retinaディスプレイ】削ります

仕事めっちゃ色々重なって更新が遅れてしまった。

さて今回はパテ削って綺麗にしていきます。

ちなみに前回はパテを盛って荒削りしました。
IMG_1387.jpg

ここにタミヤパテ(ベーシックタイプ)を塗ります。
IMG_1542.jpg

このパテはかなり柔らかくちょっと固い絵の具くらいの粘度で細かな傷や段差を埋めてくれます。
荒削りした部分も埋めてくれます。

そして、耐水ペーパーを使って水を付けながら削っていきます。
IMG_1544.jpg

最初は水を付けながらちまちまやってましたが、めんどくさくなって流しに持って行き、水を流しながら削りました。

これを何回か繰り返し、こんな感じになりました。
IMG_1557.jpg

最初にかけたヤスリの痕が灰色になってますね。
ちゃんと埋めてくれているってことですね。

塗装する予定なので全体的にヤスリをかけておきました。
あと、基板にLEDが付いているのですが、それを確認できるように穴を空けました。

それでは次回は塗装していく、、、はずでした。
ではノシノシ




↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


【自作Retinaディスプレイ】パテ盛っていきます

前回は基板にパテが入り込まないようにマスキングテープを貼りました。
IMG_1380.jpg

今回はここにパテを盛っていきます。

IMG_1384.jpg

盛りました。
持ってる最中は手がベトベトなので写真なしです。
すいません。

加工した時の写真を見るとわかるのですが、ケースの切断面の基板側は少し削ってあります。
IMG_1372.jpg

この隙間に塗りこむようにしてパテを盛っていきます。
そうすることでパテが剥がれることを防ぐことが出来る(?)かも知れません。

ネジ穴やLightningケーブルの穴も埋めます。

1日待つと乾きます。
基板を無理やり剥がします。
マスキングテープをもう少し剥がしやすく貼ればよかったと後悔しました。

そして削っていきます。
80番くらいの紙やすりでゴリゴリ削って形を整えて行きます。
IMG_1387.jpg

まだ最終的な形が頭のなかに出来上がっておらず適当に削っています。

その後、気に入った形になるまでパテを盛っては削ってを繰り返します。
ここには結構時間がかかり、数日試行錯誤しました。
そして最終的にはこんな感じになりました。
IMG_1524.jpg

はい、影になってしまってますね、、、すいません。
基板側はこんなです。

IMG_1538.jpg

前回のケースでは空いてしまっていた基板と画面の隙間も今回はパテを使って埋めることが出来ました。

次回は細かな紙やすりで表面を綺麗に整えていきたいと思います。

ではノシノシ

↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。