カウンター
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
にほんブログ村
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


Kabini起動!

さてさて、Kabini起動していきましょう。

なのですが、軽く問題発生。
それはフロントパネルコネクタがどれだか分からない。

IMG_0766.jpg

クイックインフォメーションガイド見てもどっちか書いてないし、
ってか、このクイックインフォメーションガイドすべてのマザボ共通っぽいし、
これだけじゃPC組めないでしょう(ー_ー;)

一応MSIのAM1Iのページに行ってみました。
マニュアルらしきものがありダウンロードしてみました。

こっちっぽいです。
IMG_0766_2.jpg

CPUに近い方がフロントパネルコネクタです。
マジ、クイックインフォメーションガイドとかいらないから、こっちのマニュアル付けろよぉヽ(`Д´)ノ

まぁ気を取り直して起動確認!

IMG_0763.jpg

サクッと起動しました。
こんな感じだとこのファンが静かなんだがさっぱりですね、、、。
そして、サクッとOSも入れてみました。
OSは前にノートに入れていたWindows 7 Ultimate 32bitです。
そして、エクスペリエンスインデックスはこんな感じです。

IMG_0765.jpg

プロセッサの速度:5.3
主記憶装置の速度:5.5
グラフィックス性能:4.8
ゲーム用グラフィックス性能:6.2
ハードディスクドライブの転送速度:5.9

とこんな結果になりました。
まぁネット見たりサーバとかNASにするには十分なスコアかなと思います。

一応OCCTをやってみました。

負荷時でコアの温度が22℃前後でした(゚д゚)
写真撮り合わすた(゚д゚)
冷たい!
いくら春とはいえこの冷たさはすごいですね。

と、ここで閃いてしまいました。
もしかしてこれでいけるんじゃね?
IMG_0770.jpg

ドン!!(ワンピース風)
アイネックスのセラミック製チップ用ヒートシンクHM-20です。
なんと厚さ5mm!
チップ用ですからね。通常チップセットやメモリなんかに貼るものです。
でもまぁサイズ的にもドンピシャだし!これで運用できたらめっちゃ薄く出来るじゃんと言うわけで、
電源入れてみました。
あ、もちろん上にPWM対応の9cmファンを置いておきました。

IMG_0771.jpg

行けそうです。
アイドル状態で10分放置して22℃前後です。

さて漢ならOCCT起動してみるでしょ!
と言うわけで、起動してみました。

さすがにみるみる温度が上昇していきました。
が、65℃前後で安定しました。
IMG_0775.jpg

10分耐えれました!
このCPUが何度くらいまで起動可能なのかはわかりませんが、i7とでリテールクーラー付けてたら多分このくらいじゃないですかね?
まぁ100%まで酷使しなければ十分行ける気がします。
あ、わかってらっしゃるかと思いますが、推奨してませんよ。自己責任でお願い致しますね。

さて、なんか面白いことになったところでノシノシ

↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


Kabini仮組み

今回のパーツに中古品があるので、パーツ揃ってないけど仮組みして起動確認して行きたいとおもいます。

電源はヤフオクで落札し、更に中国から発送なので、結構時間がかかっております。
ってかこのパーツかなり怪しい代物なので、届いてみて変更する可能性もあります、、、。

まぁとりあえず電源は置いておいて仮組みです。
仮組みしながら各パーツを見て行きましょう。

IMG_0711.jpg

MSI AM1Iです。
購入の基準は「小さい、安い」です。
コンセプトどおりですね。

記事を書いている時はAM1ソケットのマザボは7種類、そのうちmini-ITX規格のものは4種類でした。
ASRockのマザボ(2種類)と最後まで悩みました。
SATAのポートが4つついていたり、ちょっとお高いのですが、AM1H-ITXにはマザボにDCの端子が付いており12VのACアダプタがあれば起動するという代物で、かなり惹かれました。
さすが変態メーカーと呼ばれているだけありますね。

内容物は本体、I/Oパネル、ドライバーディスク、クイックインフォメーションガイド、SATAケーブルx2、保証書。
ととてもシンプルな構成となっています。


IMG_0731.jpg

続きまして、CPU AMD Athlon 5150です。
単体で撮り忘れました。
今のところKabiniのラインナップは4種類で、これは上から2番目のCPUです。
なんかCPUを選ぶ時は上から2番めを買う傾向が強いですね。

さくさく組んで行きましょう。

IMG_0732.jpg

ピンが出ているタイプのCPUと、この固定方法はPen4以来で懐かしいです。
スッポン怖い

IMG_0738.jpg

クーラー装着!
それにしてもクーラーちっさい!

どのくらい小さいかというと、このくらい小さいです。

IMG_0736.jpg

インテルのリテールクーラーと比べてみました。
二回りくらい小さいですね。

さてその他のパーツを取り付けて仮組み終了!

IMG_0762.jpg

とりまちょっと長くなったので、続きは次回で!
ではノシノシ




↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


Kabini 5150とMSI AM1I

さて、今回の自作のコンセプトは、「小さい、静か、安い」で行きたいと思います。
要するに重視する順番です。

と言うことでメインパーツはこんな感じです。
IMG_0722 - コピー

先日発売されたAMD Kabiniで組んで行きます。

パーツ構成
CPU:AMD Athlon Quad-Core 5150 BOX
MB:msi AM1I
メモリ:CFD W3U1600HQ-4G x1
HDD:Samsung 500GB 5400rpm
電源:PICO-BOX DC-ATX-160W

メモリとHDDは中古品、電源は未着となっております。
ちなみにお値段はというと、
5703(CPU)+4299(MB)+3980(メモリ)+3580(HDD)+3400(電源)
合計20962円となりました。

おしいですね。あと少しで2万切れたのに、、、
もう少し待ってマザボとCPUを中古に出来いればゴニョゴニョ

まぁケースと電源を流用すれば2万円で古いPCの買い替えが出来るということですね。
core2とかPenDとか使ってる人にはいいんじゃないかなぁとか思っちゃいます。
ただ、これは次の時に書きますが、AM1IにはSATAの端子が2つしか付いていないので、そこら辺注意が必要ですね。
ASRockのマザボにはSATAの端子が4つ付けれるのもありますので、そっちのほうがいいかもしれません。

まぁそんなこんなでちょっとずつ作っていきますのでお付き合い下さい。
ではノシノシ




↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


ブログ村に参加しました。

ブログ村に参加しました。

テスト的な更新です。

クリックしていただけると励みになりますのでお願い致します!




↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


方向性とか

テンプレート変更してみました。

今までHTMLとかCSSとか触れずに来たので四苦八苦
なんか線ずれてるし↓↓
少しず改良していきます。


さてこのブログの方向性としてはブログタイトルにあるようにギークなことを書いていきたいと思い始めました。
まぁそのくらいしか語ることが出来ないって言うのも正直なところですが、、、

なのでとりあえず1発目の企画としては自覚PC作っていきます(`・ω・´)
材料もぼちぼち揃ってきました。

最終的にはケースも自作していきたいのでお付き合い下さい。

IMG_0722 - コピー


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


はじめまして

はじめまして、ユキともうします。

ブログなるものを始めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

方向性とかは追々決めていきたいと思います。


↓クリックお願い致します。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。